FC2ブログ

寒い朝にぴったりのエクササイズ

a1180_005144.jpg  a1180_005149.jpg
 

 急に寒くなって、朝ベッドから出るのが一苦労な人は僕だけじゃないと思います。今日はそんな人にぴったりの超簡単エクササイズをご紹介します。
 
 朝目が覚めたら仰向けになります。
 伸ばした片足をベッドから5センチから10センチほど持ち上げて足の指をグー・パーと動かすだけ。出来る人はグーチョキパーと動かしてください。
 これを片足づつ交互に行います。
 疲れたら交代する感じでOKです。
 大体2,3分もやると頭に血が回りだし、目がスッキリしてからだ全体が目覚めます。
 こうなったら終了です。スッキリ起きられますよ。
 
 これだけで数キロ歩いたに等しいと言われていますから、運動不足や寝たきりの人にもおススメです。
簡単過ぎるけど奥が深いエクササイズなのでちょっと解説を。
 実は足の指も手の指も全身の関節と密接に繋がっています。
ですから、手足の指を動かすのは全身の関節を動かし響かせ緩めるためにとっても有効な方法です。試しに手の力を抜いて手のひらをブラブラ振ってみてください。1分も経たないうちに指先がほんのり温かく感じられるようになるはずです。
 さらにこのエクササイズでは下肢を軽く持ち上げて行います。
この持ち上げるときにおなかの筋肉特に腸腰筋と腹横筋と呼ばれる一番奥に付いている筋肉を鍛えるので、姿勢がよくなり、バランスが取りやすくなるので転倒防止にも繋がります。さらにからだの軸ができるのでスポーツなどのフォーム改善にも効果。
 姿勢が良くなることから、長時間のデスクワークにも対応できるからだになります。

 そのための腹横筋を使うには少し工夫が必要です。これが出来ないと別の筋肉を使ったエクササイズになってしまうので注意してください。
 腹横筋は腹筋の中で一番奥についている筋肉です。おなかの正面についている腹直筋(鍛えるとおなかが割れてかっこいいやつ)が分かりやすいのに対して腹横筋は意識しにくいので最初ここを使ってといっても難しいかもしれません。
 僕は脇腹に指を当ててそこを凹ませるように意識しています。なぜなら腹横筋は読んで字の如しおなかをコルセットのように横に走行しウエストを引き締める筋肉だからです。腹横筋は非常に薄く発揮トルクが少ないために意識しにくいのですが、脇腹に指を軽く当てそこが硬く締まるのがわかれば、腹横筋が収縮していると判断できます。
 仰向けは重力も手伝って腹横筋を収縮させやすい姿勢なので、なおさらこのエクササイズは初心者向けなのです。
 こうしておなかを引き締めながら、足の指を運動させからだの奥の筋肉と関節を動かすことで全身の血行が良くなり、からだが温まって頭もスッキリするというのがこのエクササイズの目的です。

 毎週伺っている施設の利用者さんは自分から外に出ることも出来ないのでこのエクササイズをしてもらって、運動不足解消と血行促進、バランス力向上などを狙っています。効果が出てくると僕が行かない日にもご自分でやっているという方もいらっしゃいます。
 是非皆さんもご自分のからだでお試しください。
でも本当は秋に食欲が増していっぱい食べてしまいウエスト周りが本格的にやばい僕にこそ今一番必要なエクササイズかもしれません。(爆)

三勝はり灸接骨院HP : http://3show-hari9.com/


スポンサーサイト



  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment