FC2ブログ

エコー検査器が新しくなりました。



エコー検査器が新しくなりました。

これまで使っていた日立アロカ社製のEUB-7500は、名機といって良いものだったので、

全く不満はなかったのですが、

今度のARIETTA65(アリエッタ:オペラ用語の抒情的旋律の小曲の意味)は、

それを凌駕する機器となっています。


まず、画像のきめ細かさが素晴らしい。

皮下の組織の映り込みが素晴らしいので、

まるで皮をはいで直接カラダの中をのぞいているような錯覚を覚えます。

(実際にやったら大変なことですが)

そのくらい綺麗に見えるようになっています。

そのおかげで、これまで敬遠していた首や腰のエコー検査も

積極的に行えるようになり、

その結果今まで以上に皆さんの痛みを画像化できるようになっています。


さらに今回の機器には、エラストグラフィーという新機能がつきました。

これは同じ組織内での硬軟を色分けしてくれるというものです。

たとえば、肩が張って辛いとき、

何処の筋肉、組織、境界部分に緊張があるのかなどを

識別することが出来るようになります。

この技術自体はすでに10年ほど前から出来ていましたが、

当初はとても高価で、簡単には手が出せませんでした。

これからはこの機能を使って新しい発見が期待されます。


まだ、僕が十分に使いこなせているとは言い難いですが、

新しい検査器に乞うご期待です。
スポンサーサイト



  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment