FC2ブログ

肩の痛みが膝の治療で改善した症例



64歳女性 左肩と左膝の痛みを訴えて来院されました。

 

膝の痛みがひどく、しゃがんだ状態から立ち上がる時が特につらいそうです。

 

肩は外に開いて後ろに腕を回す動作で痛みます。(外転外旋動作と言います)

 

1か月の治療で膝の痛みはだいぶ収まってきたのですが、今度は肩の動きが気になるそうです。

 

肩関節の周囲で原因となるところはすべてチェックして、治療したのですが痛みが取れない。

 

そこで、もう一度膝の動きをチェックしてみました。

 

すると、下腿の筋肉で腓腹筋内側頭という内側の筋肉が硬くなっていました。

 

取りあえずここをほぐす手技療法を行って、膝の動きが良くなったところで、もう一度肩関節の動きをチェック。

 

すると本人もちょっと驚くほど動きが改善していました。

 

正直膝を動かして肩が良くなるかどうか、最初から確信があったわけではありません。

 

ですが、肩の動きに関係する筋肉は腰まで伸びていて、その筋肉の上に殿筋が重なり、その殿筋は膝の外側にまで伸びて膝を支えているわけです。

 

この流れるような繋がりがあるから、人は特に考えなくても身体を動かすことが出来ているとも言えます。

 

ですから、今回のようなことが起きることになります。

 

からだは本当に不思議です。

スポンサーサイト



  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment